スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V号駆逐戦車 L/70(V) `ラング 完成

ラング 完成です。
IMG_0231l_R -
IMG_0230l_R -IMG_0239l_R -
 今回もベース塗装は、クレオスのダークイエローをベースにして塗装しました。迷彩は、少しいつもと違う色を使って
みたが、汚しを加えたら大体イメージ通りに仕上がったかな。
あとチッピングは、いつも通りのヴァレホをスポンジで施しました。
IMG_0240l_R -IMG_0232l_R -
それと今回は、汚しにファレホピグメントを使いましたが、パステルを茶こしで擦る手間が省けて作業効率がよく
なりました。これならファレホピグメントをもっと早く買えばよかったです。
 
以上 





スポンサーサイト

V号駆逐戦車 L/70(V) `ラング 中間報告3

中間報告3
R0012090_R -
車体下部の汚しです。
 アクリル溶剤で溶いた自家製ピグメントを塗りつけ、乾燥する前に色の違うピグメントを2色ほどまぶします。
それから乾燥後に筆や綿棒でこすって仕上げていきました。
 あとフィルタリング塗装は、油絵の具を使います。いつもは、白、黄色、青、茶色を点々と表面に塗る方法でフィルター
するのですが、今回は、白、黄色、青、茶色を溶剤で最初から溶かして塗り乾燥させなら少しずつ濃度を変えながら
塗りました。
 
以上

V号駆逐戦車 L/70(V) `ラング 中間報告2

中間報告2
R0012089_R -
V号駆逐戦車 L/70(V) `ラングの基本塗装です。
 まずは、いつもどおりのサフ吹き&影吹きを済ませたら、ダークイエローとサンドイエローを混色して吹いててます。
そして、ダークイエローにセールカラーと白を混ぜ明度を上げて塗装した。
(ここまでは、以前塗装したIV号突撃砲 後期型と同じです。)
今回は迷彩のグリーンにクレオスの濃緑色をベースにして何色を混ぜたものを使用した、それから茶系は、
ガイアカラーのレッドブラウンを吹いています。

以上


V号駆逐戦車 L/70(V) `ラング 中間報告1

中間報告1
R0012088_R -
組み立て完了です。
 V号駆逐戦車 L/70(V)ラングは、ほぼストレート組みです。あと説明書は、相変わらず一箇所だけ
記載ミスがあったが、ほとんど問題ない程度です。
それから毎度お馴染みの履帯とホイールを一体で組み立て、ロコ組みです。
私自身、ドラゴンキットを何台か組んできましたが、今回のV号駆逐戦車 L/70(V)ラングは一番作りやすかった
です。みなさんも是非作ってみてください。
 かなりオススメできるキットです。

以上

V号駆逐戦車 L/70(V) ラング 製作開始

製作開始です。
R0012087_R -
V号駆逐戦車 L/70(V) ラングの足回りの組み立てからです。
 今回もまた4号戦車系の足回りの組み立てですが、4号戦車系は転輪の数も多いので手間がかかり組み立てに
苦労します。
 ただ全体の部品数は少なくてパーツの合いがよく、非常に精度の高いキットなので、今のところ修正はしていま
せんから組み立てが面倒な足回りができれば、あとは結構楽に組めそうです。

以上


プロフィール

服部けい蔵

Author:服部けい蔵
戦車模型を製作
まだまだ修行中です。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。