スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ イタリア自走砲 M40 セモベンテ 完成2

やっと完成した~
R0010797_R.jpg
今回は、クレオスのハンドピースの故障して大変でした。
どうも塗料が漏れて押しボタンが動かなくしまいまして
何とか分解して洗浄して押しボタンは、動くようになったですが塗料が漏れた原因がわからず
ハンドピースを吹いているとまた塗料が漏れて、押しボタンの動きが悪くなってしまいました。
その後、どうもパッキンが怪しいと思いニードルを回してみるとニードルパッキンという部品がとれてしまった。
これが原因のようで、普通は、ニードルを回したぐらいでニードルパッキンがとれるはずがないですから
まぁネットで調べてみると原因がわかりました。ニードルパッキンというネジ部品がしまりすぎた事が原因のようで
クレオスに部品請求する予定です。

今回の画像は、ハンドピース問題に時間を費やしてしまいテスト撮影した画像の一枚だけしか撮ってません
今回だけは、お許しください~
以上
スポンサーサイト

タミヤ イタリア自走砲 M40 セモベンテ 制作 1

タミヤ イタリア自走砲 M40 セモベンテの制作です。
R0011933_R.jpg
キット自体は、部品数も少なくサクサク組めました、さすがタミヤのキットです。
ただキャタピラの連結組立て式がそのまま組むと長めになっていて、弛みをつけて長さを調整する必要がありました。
まぁ組み立てる時の注意は、それぐらいです。
R0011935_R.jpg
あと今回は、タミヤの瓶入りサフをエアブラシで吹いてみました。
以上



 

ハーフトラック Flak37/37mm 完成2

8t ハーフトラック Flak37/37mm対空機関砲搭載型&トレーラー 完成です。
R0010791_R.jpg
今回も三色迷彩です。当初は、ダークイエロー単色で塗装する予定だったですが、気分が変わり迷彩を塗装しました。
う~んでも実は、失敗気味かな~っと思っておりまして、まず迷彩柄が気に入らずやり直すか迷ったのですが、
そのままにしてフィルタリングの作業を行いました。
どうしてかと言うと今までやり直して上手くいった事ないのです。
R0010789_R.jpgR0010793_R.jpg
R0010794_R.jpg
R0010796_R.jpg
やはり迷彩の線が太いかな~もう少し細い線をイメージしていたんですが~
まぁ~もう少しエアブラシのコントロールできるように練習しないとな~
あと全体的に汚しすぎかな~
今回は、一人反省会です。 

こちらGX200です。
R0011932_R.jpg
以上



ハーフトラック Flak37/37mm 制作1

トランペッター1/35ハーフトラック Flak37/37mm 制作です。
R0011931_R.jpg
今回は、トランペッターのキットです。過去に一度だけ、このメーカーの別のキットを制作したんですが
なぜか、またプラ部品が歪んでいました。
ドラゴンのキットも多少の歪みは、あるけど今回のトランペッターのキットは、かなり歪んでいて
修正にかなりの時間を費やました。
R0011930_R.jpg
まずは、内部の塗装です。 
全体にオキサイドレッドを塗装してます。
エンジンの塗装には、ファレホのジャーマングレーを明度を上げながら筆で塗りました。
あとシートの塗装もファレホのブラウンを明度を上げて塗りました。
このあと組み立ててから車体全体にサフを吹きました。
以上
プロフィール

Author:服部けい蔵
戦車模型を製作
まだまだ修行中です。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。