スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33B突撃歩兵砲 中間報告 3

中間報告
R0012034_R.jpg
33B突撃歩兵砲の組み立て完了しました。
 今回の33B突撃歩兵砲の組み立ては、ほぼ素組みです。
結構、簡単に組めましたが、いつもながら説明書の記載もれがあります。
R0012035_R.jpg
33B突撃歩兵砲の砲弾箱は、塗装するときに邪魔になるので最後に取り付けます。
 
 いつもは、この後に塗装なんですが次にスターリネッツS-65トラクター製作があるので、33B突撃歩兵砲の塗装は、
スターリネッツS-65トラクターの組み立て完了まで一端中断です。
 
以上
スポンサーサイト

33B突撃歩兵砲 中間報告 2

中間報告2
R0012033_R.jpg
大方、組み上がりました。
 今のところは、組み立てやすいキットです。
いつもは、エッチングパーツに苦しめられますが、今回のキット付属のエッチングパーツは、必要最小限に抑えているので、楽にできました。
 あとは、フェンダー上に乗っているOVMの取り付け作業と履帯の組み立てと全体の細かいパーツを組み立てれば
完成です。

さぁ~33B突撃歩兵砲の組み立ては、ラストスパートです。

以上

33B突撃歩兵砲 中間報告 1

33B突撃歩兵砲製作の中間報告です。
R0012031_R.jpg
 ドラゴンのキットらしく部品数は、多いと思っていたんですが、ランナーから切り離すと意外と少なく
感じました。

R0012032_R.jpg
 まずは、足回りを組み立てました。 
実は、フェンダーを取り付けてからブログの更新する予定だったですが、説明書に記載すべき内容が一部漏れて
いるため製作が途中で止まりました。

 いつものことながらドラゴンの説明書は、記載されていないことが多いので製作が途中で必ず止まることがあります。
そのため雑誌やネットで調べると余計な時間をとられることが多いです。
 
なんとか説明書は、改善して欲しいです。

以上

ヤークトティーガー再撮影

二代目 撮影ブースでヤークトティーガーを再撮影しました。
IMG_0121j.jpg
 新しく作った撮影ブースで早速テスト撮影をしてみました。
前回のヤークトティーガーで撮影したときは、暗くなりすぎたので、今回の撮影では、照明を2台体制にして配置の仕方などの改善して明るく見やすくしました。

   IMG_0116j.jpg
 やはり照明を2台にしたことで、全体的に明るくなりました。
それと色合いも実物に近く撮れましたね。
今まで、1台の照明だけで撮影したことが暗くなりすぎた原因だったみたいです。
あと背景を黒にしたこともあるかな?

IMG_0069h.jpg

 
一代目のダンボールで作った撮影ブースでは、照明2台を配置して撮影するのが困難だったですが二代目撮影ブースでは、照明の配置が楽になり撮影しやすくてお勧めですよ。 

以上

撮影ブース自作

撮影用のブースを自作しました。
R0012029_R.jpg
 いろんなメーカーから撮影ブースが発売されていますが、意外と高いので今回も自作することにしました。
前回は、ダンボールで作ったのですが、でかくて置き場所がなく困っていたので、今回は、収納できるタイプのものを
作ることにしました。
 そこで早速近くのホームセンターに材料を買いに行きまして、いい物を見つけました。
それが<組み立てパイプ>です。
R0012030_R.jpg
↑このように使わないときは、分解して収納できます。
おかげで、部屋が片付きました。

今回の二代目 撮影ブースは、分解して収納できるし、鉄パイプなので丈夫で長く使えそうです。 

以上



ヤークトティーガー ポルシェ型 完成。

随分遅れましたが、完成しました。
R0012023_R.jpg
 今回、新しく配合したダークイエローとレッドブラウンは、中々いい感じの色合いだったんですが、実は、フィルタ
リング後にオリーブグリーンが変な色になったので塗り直したことで完成が遅れました。
やはり基本塗装後にオリーブグリーンの色合いが変に感じていたときに塗り直しておくべきだったかな?

 R0012017.jpg
それと、いつもと違う雰囲気で撮ってみましたが、背景を黒にしただけで変わりますね。

       
R0012021.jpg


 R0012018.jpg
ノイズが~多分、iso感度を上げないといけないかな?


以上

同時製作

二台同時製作 
R0012015_R.jpg
 今回は、トランペッターのスターリネッツS-65トラクターとドラゴンのIII号自走重歩兵砲をほぼ同時に製作したいと
考えてます。
 まずは、部品数の多いドラゴンのIII号自走重歩兵砲を先に製作してから、その後に部品数の少ないトランペッターの
スターリネッツS-65トラクターを製作して同時製作に組み立てを完成させたいと思います。
塗装は、二台とも単色塗装の予定なので、早いかな?
この予定で、ほぼ同時に完成させるのが目標です。

まぁ~気分で変わるかもしれませんから、あくまでも予定です。

買い物

買い物です。
R0012007k_R.jpg
 まずは、トランペッターのスターリネッツS-65トラクターを購入しました。
近日中にスターリネッツS-65は製作予定です。
それとハセガワの熊野筆シリーズ ぼかし筆 (大)です。
R0012009_R.jpg
メーカーの解説によると
  化粧筆のパウダーとブラシにヒントを得て開発した、ドライブラシに最適の筆です。
  パステルなどの粉物の塗布に最適なほか、塗料によるドライブラシにも威力を発揮します。
  また、通常の筆としても使用でき、平筆とも丸筆とも違う不思議な風合いとなります。
  毛先のふんわり感を利用して、「ボケ足」や「かすれ」にチャレンジするのも!
だそうです。
 まだ使っていないので、使用感は、わかりませんが、今回は、ヤークトティーガーのドライブラシに使ってみようと
思い試しに買ってみました。

以上

買い物&中間報告

Mr.カラーセットのThe GRAYです。
R0012005_R.jpg
 何だかパッケージイラストが美少女キャラですが、中身は、4段階の明度をセットにしたグレー色です。
このグレーをセットにした色をベースに混色すれば、カラーモジュレーションも楽にできるかもと思い試しに購入しました。
次のグレー単色のキットに使う予定です。

中間報告
R0012004_R.jpg
 スミ入れと装備品の塗り終えましたが、他の用事がありまして、なかなか先に進みませんでしたが
ここ数日に、一気に完成に持ち込みたいと思います。(多分…です。)

以上

ヤークトティーガー ポルシェ型 の中間報告9

転輪と履帯(キャタピラ)の汚れ
R0012003_R.jpg
キャタピラはロコ組で組んでいます。
 油絵の具が乾燥するまでにに時間がかかるため、先に転輪と履帯を仕上げます。
まずは、履帯の塗装には、いつもタミヤのジャーマングレー使っています。色合いとマットな感じが履帯に合う
のでいいです。次に突起部にダークアイアンを筆で塗りました。
土汚れに自家製ピグメントをタミヤのアクリル溶剤で練って、塗りつけてから乾燥後に筆、綿棒で拭きとっていきます。

イメージとしては、泥道を走ってきた感じなんですが、過度に泥が付いていない転輪と履帯に仕上げてみました。
なんだか転輪と履帯がかなり暗くなりすぎたな?

以上

プロフィール

服部けい蔵

Author:服部けい蔵
戦車模型を製作
まだまだ修行中です。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。