スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い物

買い物です。
R0012055_R.jpg
IV号突撃砲 後期型を購入しました。
商品説明は、プラッツさんのサイトからコピペしました。
『連合軍の爆撃によりIII号突撃砲の生産が停滞していたドイツ軍は、急遽IV号戦車の車台にIII号突撃砲の戦闘室を組み
合わせたIV号突撃砲の生産を決定しました。
高い攻撃力と優れた生産性を併せ持つIV号突撃砲は、1944年から終戦まで約1100輌が生産され大戦末期の主力車輌として活躍したのです。』
 
 ドラゴン(サイバーホビー)から出たばかりのキットを次回から製作です。
どんどん作りますよ。お楽しみに。

以上

ヘアスプレー技法

ヘアスプレー技法に挑戦
R0012047 _R
缶入りのヘアスプレーを一旦容器に吹きだして、液状になったらエアブラシで吹き付けます。

R0012048_R.jpg
 下地にタミヤのフラットブラウンとレットブラウンと白を調合して、ラッカー溶剤で薄めてから吹き付けました。
それからヘアスプレーの液を全体に吹き付けてから、タミヤ水性アクリルのディープグリーンとミディアムブルーと白を
調合してから吹き付けました。

R0012050_R.jpg
エアブラシで水を吹き付けてから、乾燥する前に筆で擦ると塗料が剥げます。

ヘアスプレー技法の感想
 今回は、とにかく何も考えずに適当に塗料を剥がしてみましたが、意外と塗料が剥げたので驚きました。
 あと少し色が暗くなりすぎたかな?これは、今回の反省点ですね。
 実は、ヘアスプレー技法をスターリネッツS-65トラクターでやってみようと思っていたんですが、塗料を剥がし
 加減をもう少し練習した方がよさそうですね。
 ヘアスプレー技法の勉強になりました。

以上

撮影ブース自作

撮影用のブースを自作しました。
R0012029_R.jpg
 いろんなメーカーから撮影ブースが発売されていますが、意外と高いので今回も自作することにしました。
前回は、ダンボールで作ったのですが、でかくて置き場所がなく困っていたので、今回は、収納できるタイプのものを
作ることにしました。
 そこで早速近くのホームセンターに材料を買いに行きまして、いい物を見つけました。
それが<組み立てパイプ>です。
R0012030_R.jpg
↑このように使わないときは、分解して収納できます。
おかげで、部屋が片付きました。

今回の二代目 撮影ブースは、分解して収納できるし、鉄パイプなので丈夫で長く使えそうです。 

以上



同時製作

二台同時製作 
R0012015_R.jpg
 今回は、トランペッターのスターリネッツS-65トラクターとドラゴンのIII号自走重歩兵砲をほぼ同時に製作したいと
考えてます。
 まずは、部品数の多いドラゴンのIII号自走重歩兵砲を先に製作してから、その後に部品数の少ないトランペッターの
スターリネッツS-65トラクターを製作して同時製作に組み立てを完成させたいと思います。
塗装は、二台とも単色塗装の予定なので、早いかな?
この予定で、ほぼ同時に完成させるのが目標です。

まぁ~気分で変わるかもしれませんから、あくまでも予定です。

買い物

買い物です。
R0012007k_R.jpg
 まずは、トランペッターのスターリネッツS-65トラクターを購入しました。
近日中にスターリネッツS-65は製作予定です。
それとハセガワの熊野筆シリーズ ぼかし筆 (大)です。
R0012009_R.jpg
メーカーの解説によると
  化粧筆のパウダーとブラシにヒントを得て開発した、ドライブラシに最適の筆です。
  パステルなどの粉物の塗布に最適なほか、塗料によるドライブラシにも威力を発揮します。
  また、通常の筆としても使用でき、平筆とも丸筆とも違う不思議な風合いとなります。
  毛先のふんわり感を利用して、「ボケ足」や「かすれ」にチャレンジするのも!
だそうです。
 まだ使っていないので、使用感は、わかりませんが、今回は、ヤークトティーガーのドライブラシに使ってみようと
思い試しに買ってみました。

以上
プロフィール

服部けい蔵

Author:服部けい蔵
戦車模型を製作
まだまだ修行中です。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。