スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IV号突撃砲 後期型 完成

IV号突撃砲 後期型 完成です。
IMG_0201l_R -
 今回は、自家製ダークイエローを使わず、クレオスのダークイエローをベースにして塗装しましたが、黄色味が強かった
ためフィルタリングで彩度をコントロールしましたが、なんとか上手くできたかな?
 IMG_0195l_R -
IMG_0171l_R -
IMG_0199l_R -
 あとチッピングには、ヴァレホを使い筆で行いましたが、筆で自然な感じの剥がれを書き込みのは難しいですね。
今回は筆の練習のためにスポンジをほとんど使わず行ったんですが、もう少し練習しないといけないかな。
IMG_0198l_R -
それと迷彩パターンは、箱絵を参考にして塗装しましたが、なんとなく似ているかな? 

以上




IV号突撃砲 後期型 中間報告6

中間報告6
R0012065_R.jpg
車体下部の汚しです。
 パステルを使って汚します。まずは、何色のパステルを茶こしで粉にし、土色を作ります。そしてマットメディウムを水
で薄めて車体下部に筆で塗ってから土色パステルを少しずつふりかけていきます。(同じ作業を二回ほど繰り返しました)
 今回のマットメディウムとパステル粉を使用した方法だと土の付き具合が調節しやすくて、乾燥後はパステル粉が
しっかり固定されるので指で擦っても取れません。

あともう少しで完成・・・? 

以上 

IV号突撃砲 後期型 中間報告5

中間報告5
R0012063 _R
汚し塗装です。
フィルタリング塗装は、油絵の具の白、黄色、青、茶色を点々と表面に塗り、エナメル溶剤でのばいきます。乾燥後に
油絵の具のローアンバーでウォッシングしました。スミ入れは、タミヤのエナメルのフラットブラックとレッドブラウンを
混ぜて使用した。
あとOVMなどの細かなパーツの塗り分け作業です。金属部はクレオスのメタルカラーのダークアイアンを筆塗りし、木の
部分は、タミヤのデザートイエローを使いました、それ以外のOVMは、ヴァレホで塗り分けました。
履帯は、ダークグレーをエアブラシで塗装しました。
 
以上

IV号突撃砲 後期型 中間報告4

中間報告4
R0012061_R.jpg
IV号突撃砲 後期型の基本塗装完了です。
 まずは、サフ吹き&影吹きを済ませたら、クレオスのダークイエローとサンドイエローを混色して吹いてます。
それからダークイエローにセールカラーと白を混ぜ明度を上げて各面に塗装しました。
迷彩は、ガイアカラーのオリーブグリーンとレッドブラウンを使用しました。 
 実は、一度目塗装したとき黄色味が強すぎたので一回やり直してます。
このあと塗膜の保護に半ツヤコートしてから汚し塗装に入ります。





IV号突撃砲 後期型 中間報告3

中間報告3
R0012059 - _R
IV号突撃砲 後期型 組み立て完了
 今回のキットですが、エッチングパーツは必要最小限でサクッと組めます。ここ最近のドラゴンキットは、ほんとに組みや
すくなりましたが、いつもながら説明書の記述に間違いがあります。
それがフェンダーの上に着くOVMの取り付ける場所が説明書と一部違っていたので、ネットで調べたんですがわからなくて
困り果てていたのですが、たまたま見ていたブログの記事でIV号突撃砲 初期型のフェンダーが今回の後期型と同じ
たいでOVMの取り付ける場所も記事を見てわかりました。
 実は最初は、初期型のフェンダーが間違って入ってるんじゃいかと思ったんですが、ホビーサーチさんで商品画像
を見てみると間違っていないことが判明したのでよかったですけど、いつもながらドラゴンの説明書は、いかんね・・・

以上
プロフィール

服部けい蔵

Author:服部けい蔵
戦車模型を製作
まだまだ修行中です。

当サイトはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。